医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療で使用するレーザー光線は体毛に効率的に吸収されて、熱に変わり体毛を生やす細胞を破壊します。
一方、エステ脱毛で使用する光(IPL)脱毛も熱に変わり細胞を破壊します。
光エネルギーを使うという原理は同じなのですが、出力と効率に大きな違いがあります。
体毛だけにエネルギーを伝えることが出来るレーザー医療脱毛は狙った細胞のみに作用することができます。
そのため、出力が高くても副作用が少なく安全なのです。
光脱毛の場合は無駄なエネルギーが皮膚に当たってしまいます。
そのため、出力を上げると皮膚トラブルになってしまうのです。
安全に脱毛を行うにはレーザーが必須と言えます。

参考:レーザー脱毛ってどんな原理なの??どうして体毛が抜けるの?

しかし、医療脱毛にも欠点があります。
高エネルギーのレーザーは扱いを間違えると非常に危険です。
レーザーの照射はクリニックで行わなければならず、医師や看護師が責任を持って照射する必要があるのです。

波長による違い

光には波長があります。
波長は長くなればなるほど、深部まで届きます。
アレキサンドライト、ダイオード、ヤグレーザーが脱毛によく使われる波長です。
アレキサンドライトが最も波長が短く、ヤグが最も長いです。
そのため、浅い部位の体毛にはアレキサンドライトが効果的で、深部の体毛にはヤグが効果的なのです。
エステで使用するIPL(Intense Pulsed Light)はレーザーのような単一波長ではなく様々な波長を含んだ光を使用します。
そのため、狙った部位のみに効かせることは出来ません。
モアナレーザークリニックで使用する機器はアレキサンドライト、ダイオード、ヤグの全ての波長をブレンドすることができます。
そのため、体毛の深さによる違いで効果が出ないということは起こりません。

熱破壊式と蓄熱式の違い

熱破壊式(ショット式)レーザー脱毛

同じ波長を使ったレーザーであっても照射する長さや強さによって効果がかなり変わります。
従来の医療脱毛は熱破壊式というタイプのものでした。
これは強いレーザーを使い大量の熱を発生させることで、体毛の根元にある毛母細胞を破壊する方法でした。
熱破壊式レーザーで照射された体毛は200度程度まで温度が上昇して、ポップアップといって爆発したかのように皮膚から飛び出ることがあります。
このやり方だと当然、強い痛みや炎症を伴ってしまいます。
照射した範囲が分かりやすく、体毛の抜けも早く感じますが、脱毛効果は蓄熱式と同じということに早く気づくべきでしょう。

蓄熱式レーザー脱毛

熱破壊式の次に登場したのが蓄熱式という照射方法です。
弱いレーザーを数多く打つことによって、浅い部位にあるバルジ領域の発毛細胞を破壊するのです。
この方法は痛みが非常に少なく合理的な方法ですが、レーザー機器に高い性能が要求されます。
初期の頃の蓄熱式レーザー機器はショット毎の出力の不安定な揺れがありました。
いくら早く照射できても出力が不安定では意味がありません。
しかし、ここ数年で蓄熱式レーザーは飛躍的に進化したのです。
モアナレーザークリニックのレーザー機器は電源部に日本製の部品を採用し、高機能化を図っております。
これにより連続照射を行っても出力は安定し、心地よい脱毛が可能になったのです。

蓄熱式レーザーは照射面積を元にエネルギーを設定します。
この設定を全ての患者さまに同一にする行為が流行っています。
現状、多くのクリニックでそのようにされていますが、体格の大きな方ではしっかりと脱毛出来ないことになります。
当院は最高の機器を最高の設定で使用することにも細心の注意を払っております。